チヌ( 黒鯛 )釣り入門 > チヌ( クロダイ )釣りで活躍する便利アイテム( 便利グッズ )の紹介
2014年10月17日

チヌ( クロダイ )釣りで活躍する便利アイテム( 便利グッズ )の紹介



チヌ( クロダイ )釣りの釣行時に防波堤( 堤防・波止 )や磯の釣り場へ必ず持って行きたい役立つ便利な道具類を紹介します。


「 チヌ ( 黒鯛 ) 釣り入門 」 0025


魚釣りには欠かせない必須アイテムから便利グッズまであるので、釣行前に準備しておくと釣り場でいざという時に助かります。

それでは、早速アイテムの紹介や使い方の説明をします。



便利アイテム 1. クーラーボックス竿掛け( 竿受け )

「 チヌ ( 黒鯛 ) 釣り入門 」 0026


上の写真は、クーラーBOXに簡単にネジで取り付けて固定するタイプの折りたたみ式の竿掛けで、休憩する時など、ちょっと置き竿したい時にあると便利です。

ロッドやリールを地面に直置きすると、大事なタックルに傷が付いてしまう( 高い釣り具だからショックも大きい...。)ので、私は竿掛けを使用しています。

特に紀州釣りは、ダンゴを握る作業があるので重宝します。

竿掛けは、チヌ( クロダイ )釣りに限らず 必須アイテム と言えます。


タカ産業 T-133 クーラーBOX竿掛けSP


私が使用しているクーラーボックスに取り付けてある 第一精工 かけ太郎1号 や、上の写真の タカ産業 クーラーBOX竿掛けSP などがあります。



便利アイテム 2. 磯玉網( または、小継磯玉網)

シマノ ホリデー 磯 XT 玉網 SHIMANO HOLIDAY ISO XT 玉網


上の写真は、チヌ( クロダイ )釣りには欠かせない磯玉網( タモ網 )です。

20cm クラスの小型のチヌなら少々強引にぶっこ抜くことも可能ですが、良型のチヌになると取り込みには磯玉網を使用するタモ入れ作業が必要になります。

無理に抜き上げようとして、ハリスが切れて無念のバラシ...みたいな悲劇を避けるため、釣行時は忘れずに持って行くことをおすすめします。

磯玉網の使い方やタモ入れのコツについては...


  チヌ( クロダイ )釣りの磯玉網( タモ網 )の使い方やタモ入れのコツ.jpg
チヌ( クロダイ )釣りの磯玉網( タモ網 )の使い方やタモ入れのコツ


上記の記事で紹介しています。


磯玉網の失敗しない選び方は、自分がよく行くフィールドの大潮干潮時の釣り座の足場の高さに合わせて長さを選んで下さい。

大は小を兼ねる で、干潮時の足場の高さが 4m なら 5m で 5m なら 6m と +1m ぐらい余裕を持って選べば間違いないです。

仕舞寸法が短くて、持ち運ぶ時もコンパクトでかさばらない小継磯玉網もあります。

ネット通販で探してみたい方は、Yahoo!ショッピングAmazon楽天市場 などのショッピングモールに行って「 玉網 」や「 小継玉網 」で検索してみて下さい。

釣具店などの実店舗は、店頭に並ぶ数が限られていますが、ネット通販は驚くほど豊富な品揃えで、私もよく利用しています。



便利アイテム 3. スカリ

「 チヌ ( 黒鯛 ) 釣り入門 」 0027


上の写真は、釣ったチヌ( クロダイ )を生かしておくためのスカリです。

スカリの中で2匹のチヌが並んで泳いでいるのがわかりますか?

1匹は 40cm 以上あるので、かなり窮屈そうですが...。

スカリの用途は、釣った魚を納竿するまで生きたままキープしておくことができる便利なアイテムで、帰る直前まで魚を生かしておいて、鮮度抜群の状態で自宅に持ち帰ることが可能になります。


ルナヒサノ( RUNA HISANO )スカリ  タクティクスエンジョイ( TACTICS ENJOY )スカリ

ルナヒサノのスカリタクティクスエンジョイのスカリ などがあります。



便利アイテム 4. ストリンガー

タクティクスエンジョイ( TACTICS ENJOY )フロート付ストリンガー KC-204


上の写真は、スカリと同じ役割を持つ釣ったチヌ( クロダイ )をキープして生かしておくためのストリンガーです。

年無しや良型のチヌなど、スカリに入れておくのはちょっと厳しいサイズが大きい魚をキープしておくための必須アイテムになります。

大物が釣れた時に備えて事前に準備しておくと重宝します。

私の場合、釣行する時にスカリとストリンガー両方とも持って行って、小型のチヌはスカリに大型のチヌはストリンガーなど、釣況に応じて使い分けしています。

写真のストリンガーは、タクティクスエンジョイ フロート付ストリンガー です。


ストリンガーの使い方が分かる YouTube 動画を下に掲載したので、よろしければご覧になり参考にしてください。





※ ストリンガーを使用しているシーンは、動画の2分50秒あたりからです。



便利アイテム 5. 神経絞めセット

「 チヌ ( 黒鯛 ) 釣り入門 」 0028


上の写真は、私が釣り場で釣って家に持ち帰ったチヌで、尻尾の近くに切れ目が入っているのが分かりますか?

これは、チヌを美味しく食べるため、納竿して帰る直前に釣り場である下処理を施しているからです。



◆ チヌを持ち帰る前に釣り場で必ずやっておきたい下処理

神経〆 と 血抜き

上記の2つの処理を帰る前に釣り場で済ませます。



神経〆については、慣れないと少々難しい作業になると思いますが、できれば釣り場で済ませておきたいです。

神経〆と血抜きの方法を文章で説明しても伝わりにくいので、インターネット動画投稿サイトの YouTube に参考になる動画があるので掲載しておきます。





いかがでしょうか?

慣れないうちは、少し勇気がいる作業かも...。


ルミカ 神経絞めセット


上の写真は、私も使用している ルミカ 神経絞めセット です。

魚のエア抜きなどもできる専用のニードルとワイヤーがセットになっていて、誰でも簡単に神経〆ができる便利なアイテムです。

動画を見て「 神経〆は絶対に無理だ! 」と思った方は、帰宅する前に最低限血抜きだけは済ませて持ち帰って下さい。

血抜きするとしないでは、身の生臭さなどにかなりの違いが出ます。



以上の紹介した5点の釣り用品が、チヌ( クロダイ )釣りの釣行時に釣り場へ持って行くと役立つ便利なアイテムになります。



【 関連記事 】


  釣り道具( 釣り用品 )で人気の便利グッズやアイデアグッズの紹介.jpg
釣り道具( 釣り用品 )で人気の便利グッズやアイデアグッズの紹介



posted by Nao☆ at 01:25 | 釣り具・釣り用品