チヌ( 黒鯛 )釣り入門 > チヌ( クロダイ )の渚釣り釣法「 仕掛けの作り方や釣り方のコツ 」
2015年06月19日

チヌ( クロダイ )の渚釣り釣法「 仕掛けの作り方や釣り方のコツ 」



チヌ( クロダイ )の渚釣りについて、ポイントの選び方( 探し方 )と仕掛けやマキエ( コマセ )の作り方、釣り方のコツなどを紹介します。


「 チヌ ( 黒鯛 ) 釣り入門 」 0393


渚釣りとは、私たちにとって身近な砂浜( サーフ )からチヌ( クロダイ )をフカセ釣り( ウキ釣り )で狙う釣法です。

投げ釣りでシロギスが釣れるような海岸の釣り場や海水浴場( ビーチ )からも同様に狙うことができます。

釣り方の手順を一通り説明するので、よろしければ釣行時の参考にしてください。



目 次


1. ポイントの選び方( 探し方 )
2. 仕掛けの作り方
3. マキエ( コマセ )の作り方と配合方法のレシピ
4. 具体的な釣り方とコツ



1. チヌ( クロダイ )の渚釣り 〜 ポイントの選び方( 探し方 )〜


日本全国各地にある海岸の砂浜ならどこでも渚釣りのポイントとなりますが...


「 チヌ ( 黒鯛 ) 釣り入門 」 0394


上のイメージ図のように、海底の形状がカケアガリ( 段差 )になっている場所やシモリ根が点在している場所は、チヌの回遊ポイントとして有力になります。

釣り場となる砂浜から海を眺めて見て、海の色が変化しているような場所は、海底にも変化がありポイントになる可能性が高いです。

また、チヌが釣れる防波堤( 堤防・波止 )のすぐ近くにある砂浜も狙い目です。

渚釣りに最適な時期は、チヌの乗っ込みが始まる春先から晩秋になりますが、真冬でも海水温が 12℃ 以上ある釣り場なら一年を通じて釣れます。



ページの目次に戻る



2. チヌ( クロダイ )の渚釣り 〜 仕掛けの作り方 〜


「 チヌ ( 黒鯛 ) 釣り入門 」 0395


上の図は、渚釣りの仕掛け図です。

水深がハリスの長さよりも浅い場合は、ハリスの中に仕掛けを作って対応します。

ロッドとリール( タックル )は、磯竿( グレ竿やチヌ竿 )の 1〜1.5 号と2000番から3000番のスピニングリールやレバーブレーキリールが最適です。

タナの決め方( 取り方 )は、完全に底狙いになるので、ポイントの水深 +1 メートルに設定して、波で仕掛けが上下しても タナがズレないように 這わせます。

基本はチヌ( クロダイ )のフカセ釣りやウキ釣りの仕掛けの作り方と同じですが、砂浜の渚釣りでは水深が浅いポイントが多く波の影響を受けやすくなります。

釣り針のチモト( 結び目 )付近のハリスに B のガン玉を打ち、オキアミなどの刺し餌が 波で舞い上がりにくくなるように工夫 します。

理由は ⇒ チヌは海底に落ちている餌を漁る習性がある ため

ガン玉を打てば、外道のボラを掛けてしまうリスクも低下します。

砂浜で行う渚釣りは、釣り座と海面の高低差が少なく場合によっては遠投も必要になるので、円錐ウキよりも棒ウキの方が見やすくなります。


  遠矢ウキ 遠矢ダイレクトポイント ( 遠矢DP )


上の写真の渚釣りに最適な高感度で視認性も良好な遠矢ウキの遠矢DP( ダイレクトポイント )などの遠投タイプの棒ウキがおすすめです。


  楽天市場 1.jpg
ネット通販限定「 遠矢DP 」の詳細はこちら



ページの目次に戻る



3. チヌ( クロダイ )の渚釣り 〜 マキエ( コマセ )の作り方と配合方法のレシピ 〜


チヌ ( 黒鯛 ) の渚釣り マキエ ( コマセ ) の作り方 配合レシピ


砂浜からの渚釣りで使用するマキエは、釣法に特化した配合餌のマルキュー「 Bチヌ遠投 」がおすすめで、作り方は上の画像の配合方法のレシピなどがあります。

渚釣りのマキエの基本は...

オキアミ 1枚( 3kg )+ Bチヌ遠投 1袋( 3.5kg )+ 海水

上記のシンプルな配合で OK ですが、集魚力を更に高めたい時は、ニュー活さなぎミンチ激荒などの集魚剤をマキエに追加で配合します。


渚釣りの刺し餌は...


チヌ ( 黒鯛 ) の渚釣り 刺し餌.jpg


オキアミ・コーン・さなぎ・練り餌 などを準備してください。

使用する刺し餌を数種類用意しておけば、ローテーションして食い渋るチヌの目先を変えてみたり、エサ取り対策ができます。



ページの目次に戻る



4. チヌ( クロダイ )の渚釣り 〜 具体的な釣り方とコツ 〜


砂浜からの渚釣りの基本となる具体的な釣り方とコツについて説明します。


「 チヌ ( 黒鯛 ) 釣り入門 」 0396


マキエの撒き方は、上の写真のように海面や海底に変化がある場所に狙いを定め集中して撒き、海底にマキエを溜めてポイントを作っていきます。

最初は魚を寄せるために 10 杯から 20 杯と多めに撒いて、エサ取りなどが集まって来たら 1 投につき 3〜5 杯ぐらいに抑えます。


後は防波堤( 堤防・波止 )や磯からのフカセ釣りやウキ釣りと同様に...


ウキの動き


円錐ウキ( ドングリウキや玉ウキ )を使用する場合は更に...


ライン( 道糸 )の走り

磯竿の穂先


上記を利用して魚からのアタリを取りアワセを入れます。

アタリを待つ時のコツは、ラインが水際の波に揉まれないように磯竿を持ち立てておくと、投入した仕掛けが手前に押し戻されにくくなります。


渚釣りでチヌ( クロダイ )を取り込む時のコツは、砂浜に押し寄せる波の動きに合わせながら陸に引き上げてランディングします。

焦ってしまい強引に引きずり上げようとすると、バラシの原因になる ので、取り込む時は十分注意してください。

不安な方は、砂浜から玉網で直接掬ったり、玉網を被せて逃げないように押さえながら引っ張って陸に上げてください。



ページの目次に戻る



チヌ( クロダイ )の渚釣りのポイントの選び方、仕掛けやマキエの作り方、釣り方のコツについての説明は以上です。

砂浜から行う渚釣りの参考になれば幸いです。



【 関連記事 】


  チヌ( クロダイ )のフカセ釣りや紀州釣りの仕掛け作りの小技とコツ.jpg
チヌ( クロダイ )のフカセ釣りや紀州釣りの仕掛け作りの小技とコツ

  チヌ( クロダイ )のフカセ釣り「 マキエの作り方と配合のレシピ集 」.jpg
チヌ( クロダイ )のフカセ釣り「 マキエの作り方と配合のレシピ集 」

  チヌ( クロダイ )釣り「 フカセ釣りや紀州釣りの刺し餌の付け方 」.jpg
チヌ( クロダイ )釣り「 フカセ釣りや紀州釣りの刺し餌の付け方 」



posted by Nao☆ at 15:55 | チヌ釣りの特化型釣法