チヌ( 黒鯛 )釣り入門 > チヌ( クロダイ )の紀州釣り「 ダンゴの握り方アンコのテクニック 」
2015年08月28日

チヌ( クロダイ )の紀州釣り「 ダンゴの握り方アンコのテクニック 」



チヌ( クロダイ )の紀州釣りで、ダンゴを握る時の小技として有効なアンコのテクニックを紹介します。


「 チヌ ( 黒鯛 ) 釣り入門 」 0522


紀州釣りのダンゴの握り方( 使い方 )を工夫して、刺し餌をカモフラージュするだけでエサ取り対策ができたり釣果アップにも繋がります。

よろしければ釣行時の実釣で活用してください。



◆ ダンゴのアンコとは?


一言で「 アンコ 」と聞くと、私たちが食べる小豆や甘い和菓子のスイーツをイメージする方が多いと思いますが...

チヌ( クロダイ )釣りでは、筏やカセのかかり釣りで使われるダンゴ釣りのテクニックで、サナギミンチなどをアンコとしてダンゴの中に入れて握る方法です。

かかり釣りのように刺し餌をダンゴで包む特殊な釣法の紀州釣りでも同様にアンコのテクニックが使えて有効となります。

それでは、具体的な方法を説明します。



今回紹介する方法は、紀州釣りの仕掛けのタナ( ウキ下 )を水深より数十 cm 深く設定して、ハリスを海底に這わせる釣り方 を前提にお話しします。

刺し餌が海底から浮き上がった状態だと効果が低くなるので気を付けてください。

通常の紀州釣りの握ったダンゴは...


「 チヌ ( 黒鯛 ) 釣り入門 」 0523


上の断面イメージ図のように、ダンゴの中に刺し餌が1つだけ入っている状態です。

エサ取りが多い釣り場では、海底でダンゴが割れた途端に中に入っている刺し餌が目立ちエサ取りの餌食になってしまうことも...。

警戒心が強いチヌ( クロダイ )の場合は、海中に刺し餌が1つだけ落ちていることに違和感( 不自然さ )を感じて捕食しない可能性も考えられます。

そんな時は...


「 チヌ ( 黒鯛 ) 釣り入門 」 0524


上の断面イメージ図のように、ダンゴの中にサナギミンチを入れたり、チヌ針に付けた刺し餌をカモフラージュするためのダミーの刺し餌をいくつか入れます。


紀州釣りの刺し餌( マルキュー )


具体的な入れる量についてですが、マルキューのニュー活さなぎミンチ激荒を使用する場合は、大き目のスプーン1杯( ひとつまみ )程度です。

激荒のコーンやサナギは、ダンゴのアンコの集魚剤になるのはもちろん、チヌ針に付ける刺し餌としても使用できるのでおすすめです。

刺し餌の オキアミ・コーン・サナギ などの場合は、チヌ針に付けた本物の刺し餌にプラスして 3〜5 個( 粒 )程度のダミーを入れます。

注意点として、大量に入れてしまうと紀州釣りの握ったダンゴを投げた時に空中分解してしまったり、海面に着水した時の衝撃で割れてしまう恐れがあります。

ダンゴのまとまりが悪くならないように入れる量は程々に!

紀州釣りでアンコのテクニックを有効利用することで、チヌ( クロダイ )がポイントに寄っている時に 足止めする効果 も期待できます。



紀州釣りのダンゴの作り方や握り方を動画で確認したい方は...


  チヌ( クロダイ )の紀州釣り「 初心者さん対応!具体的な釣り方について 」.jpg
チヌ( クロダイ )の紀州釣り「 初心者さん対応!具体的な釣り方 」


上記の記事で紹介しているので、よろしければご覧ください。



チヌ( クロダイ )の紀州釣りで使用するダンゴの握り方( 使い方 )を工夫してアレンジするアンコのテクニックが皆様の釣行に役立てば幸いです。



【 関連記事 】


  チヌ( クロダイ )の紀州釣り「 ダンゴの配合レシピとサシエ 」.jpg
チヌ( クロダイ )の紀州釣り「 ダンゴの配合レシピとサシエ 」

  チヌ( クロダイ )の紀州釣り「 ダンゴの配合レシピ 冬〜春 攻略法 」.jpg
チヌ( クロダイ )の紀州釣り「 ダンゴの配合レシピ 冬〜春 攻略法 」

  チヌ( クロダイ )の紀州釣り「 ダンゴの配合レシピ 夏〜秋 攻略法 」.jpg
チヌ( クロダイ )の紀州釣り「 ダンゴの配合レシピ 夏〜秋 攻略法 」



posted by Nao☆ at 16:29 | チヌの紀州釣り