チヌ( 黒鯛 )釣り入門 > チヌ( クロダイ )のフカセ釣り攻略「 食い渋り時の対処法や対策法 」
2015年10月21日

チヌ( クロダイ )のフカセ釣り攻略「 食い渋り時の対処法や対策法 」



防波堤( 堤防・波止 )や磯などの釣り場で海水温が下がり始める晩秋から真冬の厳寒期や春先の時期に行うチヌ( クロダイ )釣りシーンで起こりやすい食い渋り状態を攻略するための対処法や対策法を紹介します。


「 チヌ ( 黒鯛 ) 釣り入門 」 0604


今回は、チヌ( クロダイ )のウキ釣りやフカセ釣りの食い渋りに有効な...

マキエ( コマセ )配合
刺し餌( 付けエサ )
釣り方
釣れる時間帯

上記の項目について詳しく説明します。

※ 内容の一部は紀州釣り( ダンゴ釣り )にも有効です。

釣果が厳しくなる時期の釣行時に食い渋っている本命のチヌ( クロダイ )を攻略するための参考になれば幸いです。



1. 食い渋りに有効なマキエ( コマセ )配合


チヌ( クロダイ )のウキ釣りやフカセ釣りシーンで特に食い渋り状態になりやすい冬の時期は、高い集魚力に摂餌効果がプラスされた配合餌が有効になります。

市販の配合餌は日々進化していて、ポイントに本命を寄せた後にフェロモン系の特殊成分で 魚の本能を刺激して摂餌行動を起こさせる 製品もあります。


チヌ( クロダイ )釣り 食い渋り対策用の配合餌


・ メガミックスチヌ
・ チヌパワー V10 白チヌスペシャル( 白系のマキエ用 )


上記の配合餌が代表的です。


海水温が低くて( または、急に下がって )活性が低い食い渋り状態の時は、対処法としてマキエの中に上記の配合餌を半袋程度プラスすると効果的です。

パッケージがチャック袋になっているので、必要な時に様子を見ながら少しずつ使えて残った場合も次回の釣行まで保存可能なので便利です。


海水温が 10℃ 前半でエサ取りの魚も殆どいない真冬の厳寒期などは...


チヌ( クロダイ )釣り 食い渋り対策用のマキエ( コマセ )配合


最初から上記のマキエ配合で挑めば食い渋りの対策法になります。

チヌ( クロダイ )のウキ釣りやフカセ釣りの仕掛けを遠投する場合は、バッカンの中で良く練り込むとまとまりが良くなり遠投にも対応できます。



2. 食い渋りに有効な刺し餌( 付けエサ )


チヌ( クロダイ )のウキ釣りやフカセ釣りを行っている時に活性が低く刺し餌を捕食しない時や少し齧られるだけでなかなか食い込まない時は...


チヌ( クロダイ )釣り 食い渋り対策用の刺し餌の作り方


オキアミ・コーン・サナギ などの刺し餌に市販のマルキューアミノ酸αをふりかける食い渋りの対処法が有効です。

練り餌に使用する場合は、少量ふりかけてから指で練り込む使い方で OK です。

集魚力が高まるのはもちろん、更に摂餌行動を起こさせるフェロモン系の成分が含まれている摂餌促進剤なので 食わせる力がある刺し餌 になります。

半解凍状態のマキエ用オキアミブロックを少量採取して、刺し餌にするオキアミにふりかけて食い渋りに有効な刺し餌を自作する方法もおすすめです。

事前に準備しておくと防波堤( 堤防・波止 )や磯などの釣り場でもしもの困った時にすぐ対処できるので便利です。

摂餌促進剤のアミノ酸αは、下記のネット通販で取り扱っています。


  マルキュー アミノ酸α

  Yahoo!ショッピング 1.jpg
詳細はこちら Yahoo!ショッピング

  amazon 1.jpg
詳細はこちら amazon

  楽天市場 1.jpg
詳細はこちら 楽天市場


アミノ酸αと同じ成分が含まれた食い渋り対策に有効な市販の刺し餌もあります。


チヌ( クロダイ )釣り 食い渋り対策用の刺し餌


・ くわせオキアミスペシャル
・ 食い渋りイエロー( 練り餌 )
・ 魚玉ハード( 練り餌 )


上記の刺し餌で、食い渋りが予想される真冬の厳寒期などは特効餌になります。


チヌ( クロダイ )のウキ釣りやフカセ釣りの攻略で、食い渋りの対処や対策をするマキエと一緒に上記で紹介した刺し餌を使用すると効果的です。

食い渋りに有効な刺し餌は、紀州釣りにも対応可能です。


当ブログの管理人が初心者の頃に経験した話ですが、冬の時期に食い渋り対策を一切しなかったフカセ釣りで刺し餌が一度も取られずに完敗したことがあります。

野球に例えると...

ノーヒットノーランで完封負け した状態です( 笑 )

過去の悲惨な経験から反省して、釣行する時期に合わせたマキエ配合や刺し餌を使用することで現在は回避することができています。

特に餌の選び方は釣果を左右する重要なポイントになるので、皆様も私と同じ経験をしないように対策は万全にしてお出掛けください。



3. 食い渋りに有効な釣り方


チヌ( クロダイ )のウキ釣りやフカセ釣りの基本は、海底付近にマキエを効かせて刺し餌を一緒に同調させながら漂わせて食わせる釣り方です。

海水温の低下などで食い渋り状態の時は、刺し餌を捕食する時の違和感( 抵抗 )を出来る限り軽減して対処することで釣果アップに繋がります。

違和感を軽減する具体的な方法は...


マキエのオキアミを針に付けてみる


食い渋り状態で刺し餌が残ってしまう場合は、マキエの中から細かくカットしたオキアミを拾い針に付けてみる釣り方が有効になります。

マキエの成分に反応している時は、刺し餌を目立たなくカモフラージュすることで違和感なく食わせることができます。


ハリスを一回り細くしてみる


例えば、ウキ釣りやフカセ釣りの仕掛けに 1.5 号のハリスを使用している場合は、一回り細くして 1.2 号に変更すると違和感が軽減されます。

グレ( メジナ )のフカセ釣りでハリスを細くしたら急に食いが良くなった経験をされた方もいると思います。

上記と同じ現象がチヌ( クロダイ )釣りでも起こります。


刺し餌を海底に置いて這わせてみる


海中で漂う刺し餌を捕食する時の違和感となる食い込み抵抗を排除する方法です。


「 チヌ ( 黒鯛 ) 釣り入門 」 0605


通常のチヌ( クロダイ )のウキ釣りやフカセ釣りは、図解で示すと上の海中イメージ図のような釣り方になりますが...


「 チヌ ( 黒鯛 ) 釣り入門 」 0606


食い渋り時の対処法( 対策法 )となる釣り方は、上の海中イメージ図のようにタナを水深より少し深く設定して、刺し餌を海底に置くイメージ で釣ります。

タナの設定方法は、水深 +0.5〜1 メートル程度が目安です。

食い渋り状態の時は、刺し餌を捕食してもなかなか食い込まないので、小さなアタリで即アワセをすると針掛かりせずにスッポ抜けてしまう可能性が高くなります。

刺し餌をゆっくり食い込ませてウキが沈みライン( 道糸 )が走り始めた時に落ち着いてアワセを入れるアタリの取り方で OK です。



4. 食い渋りに有効な釣れる時間帯


一年の中で海水温が最も低くなる真冬の厳寒期の時期は、最低気温がマイナスになる日もあり、早朝の朝マズメより日中の方が有利になる時も多々あります。


「 チヌ ( 黒鯛 ) 釣り入門 」 0607


海水温は気温が上がる日中に最大 1℃ 程度上昇するので、活性が上がるチャンスとなり、昼から夕マズメの時間帯を狙うことも食い渋り対策として有効です。

チヌ( クロダイ )のウキ釣りやフカセ釣りはもちろん、冬の紀州釣りにも有効な食い渋り対策法になります。



今回は、チヌ( クロダイ )のウキ釣りやフカセ釣りで晩秋から真冬の厳寒期や春先の時期に起こりやすい食い渋りの対処法や対策法について説明しました。

アウトドアの海釣りは、大自然を相手に楽しむ趣味なので 100% 確実に本命が釣れる攻略法は残念ながら存在しませんが...

食い渋りに有効な マキエ( コマセ )配合・刺し餌・釣り方・時間帯 の要素をフル活用して臨めば釣果アップにも繋がります。

皆様の楽しい釣行に役立てば幸いです。



【 関連記事 】


  チヌ( クロダイ )のフカセ釣り「 マキエの作り方と配合のレシピ集 」.jpg
チヌ( クロダイ )のフカセ釣り「 マキエの作り方と配合のレシピ集 」

  チヌ( クロダイ )攻略法「 海水温と季節 春夏秋冬 時期別の釣り方 」.jpg
チヌ( クロダイ )攻略法「 海水温と季節 春夏秋冬 時期別の釣り方 」

  チヌ( クロダイ )のフカセ釣りと紀州釣り「 釣れる時間帯の攻略法 」.jpg
チヌ( クロダイ )のフカセ釣りと紀州釣り「 釣れる時間帯の攻略法 」

  チヌ( クロダイ )のフカセ釣りの実釣「 釣り方の手順やコツまとめ 」.jpg
チヌ( クロダイ )のフカセ釣りの実釣「 釣り方の手順やコツまとめ 」



posted by Nao☆ at 17:02 | チヌのフカセ釣り