チヌ( 黒鯛 )釣り入門 > チヌ( クロダイ )釣りなどの海釣りで車内の臭いを防止する対策方法
2016年02月01日

チヌ( クロダイ )釣りなどの海釣りで車内の臭いを防止する対策方法



チヌ( クロダイ )釣りをはじめアウトドアの海釣りを行う釣り場へ出掛ける時に利用する自動車の車内の臭いを防止する対策方法を紹介します。


「 チヌ ( 黒鯛 ) 釣り入門 」 0731


チヌ( クロダイ )のフカセ釣りや紀州釣りで使用する釣り具や釣り用品とオキアミや市販の配合餌なども扱い方次第で車内の不快な臭いの原因に...。

それでは、簡単に実践できる具体的な対策方法を説明していきます。



アウトドアの海釣りで車内の臭いの元となる主な原因物質は...


魚体のヌメリや血

マキエ( コマセ )などの釣り餌

海水に含まれるプランクトン


上記の通りで、魚などに含まれるジメチルアミンという成分が細菌により分解されてトリメチルアミンに変わることにより生臭さを感じるようになります。

気温が高い環境下では、細菌によるジメチルアミンの分解が短時間で進みトリメチルアミンの量が増えるため臭いも強烈になります。

不快な臭いを防止するための一番有効な対策方法は、車内にある座席のシートやフロアマットなどに 臭いの元となる原因物質を付着させない ことです。


◆ 海釣りにおける車内の臭いの具体的な対策方法


自動車を運転する時に座る運転席は、座席のシートやフロアマットに釣り場で汚れた衣服や靴から臭いの元となる原因物質が付着しやすくなります。

自動車の座席のシートの臭い対策は...


「 チヌ ( 黒鯛 ) 釣り入門 」 0732


上の写真のように防水防汚シートカバーを取り付けることで釣り中に汚れてしまった衣服などが 直接座席のシートに触れない ため臭い対策になります。

取り付けや取り外しも簡単なので、防水防汚シートカバーが汚れたら水洗いして干して乾燥させれば繰り返し使用できます。

暑くなる夏から秋にかけての時期は、運転中に臭いの原因となる汗をかくことも多いので釣り以外の日常生活でも有効です。

衣服が釣り餌や釣った魚に触れて汚れてしまったり、海水や突然の雨で濡れた時のことを考えて準備しておくと役立ちます。


  ボンフォーム 防水加工シートカバー

  amazon 1.jpg
防水加工シートカバー など


自動車のフロアマットの臭い対策は...


「 チヌ ( 黒鯛 ) 釣り入門 」 0733


上の写真のようにプラスチック製トレーや専用カーマットを準備して、釣り場で履いた靴を置くと フロアマットに汚れが付着しない ため臭い対策になります。

車内のフロアマットより掃除も簡単で、防水防汚シートカバーと同様に水洗いしてから干して乾燥させれば繰り返し使用できます。


  ボンフォーム 防水加工カーマット.jpg

  amazon 1.jpg
防水加工カーマット など


自動車のハンドルの臭い対策は...


「 チヌ ( 黒鯛 ) 釣り入門 」 0734


上の写真のように使い捨てタイプの薄手のゴム手袋を用意しておくと、水道がない釣り場で手が汚れた時も 握ったハンドルを汚さない ため臭い対策になります。

海釣りで手についてしまった臭いの取り方( 消し方 )として、脱臭専用のステンレス製の臭い取りソープも有効です。


  佐藤金属興業 臭い取りソープ( 脱臭石鹸 )

  amazon 1.jpg
臭い取りソープ( 脱臭石鹸 )など


次は、自動車を運転して釣り場へ出掛ける時に釣り具や釣り用品を積んで収納する場所の臭いの対策方法について説明します。


「 チヌ ( 黒鯛 ) 釣り入門 」 0735


上の写真のように自動車のトランクルームやラゲッジルーム( ラゲッジスペース )に専用の 防水防汚ラゲージトレーを置く と臭い対策になります。


  ボンフォーム 防水加工ラゲージトレー

  amazon 1.jpg
防水加工ラゲージトレー など


チヌ( クロダイ )のフカセ釣りの釣行を例に挙げると...


チヌ( クロダイ )のフカセ釣りの釣り用品


・ クーラーボックス
・ サシエバッカン
・ マキエバッカン
・ コマセミキサー( マゼラー )
・ ヒシャク( マキエ杓 )
・ ヒシャクスタンド( ヒシャクホルダー )
・ 水汲みバケツ
・ 玉網
・ スカリ
・ ストリンガー


上記の釣り具や釣り用品は、海水で濡れたり魚や餌で汚れやすいので、自動車に積む時は 防水防汚ラゲージトレーの上に置いて収納する ことをおすすめします。

ロッドやリールなどのタックルが汚れてしまった時もこの防水防汚ラゲージトレーの上に置けば車内のシートなどへの汚れ移りを防止できます。


マキエ( コマセ )用のバッカン


使用後のマキエバッカンは、海水で中を洗い汚れを落としてから...


サシエバッカン・コマセミキサー・ヒシャク・ヒシャクスタンド・水汲みバケツ


サシエバッカン・コマセミキサー・ヒシャク・ヒシャクスタンド・水汲みバケツ を収納してチャックを閉めて持ち帰れば車内の臭い対策になります。


玉網・スカリ・ストリンガー


濡れた 玉網・スカリ・ストリンガー は、ビニール袋に入れて持ち帰ります。

海水にはプランクトンなどの生物がいて臭いの原因になるので、汚れた釣り具や釣り用品は帰宅後に車から降ろし水道水で綺麗に洗い乾燥させます。

自動車に積んである防水防汚ラゲージトレーが汚れた時は、水洗いして汚れを落とし乾燥させておくと車内の空間に不快な臭いが充満するのを防止できます。

釣り具や釣り用品を車内に長期間放置しておくと臭いの原因になり、更に品質や性能が劣化する原因にもなるので避けた方が無難です。



最後にアウトドアの海釣りで自動車の車内や衣服などに臭いがついてしまった時の臭いの消し方( 取り方 )について紹介します。

釣り専門チャンネルの「 釣りビジョン 」で紹介されたアイテムで、魚の生臭さの原因となるトリメチルアミン( アミン臭 )を分解して消臭する...


急速イオン消臭スプレー ヌーラ


急速イオン消臭スプレー ヌーラ が有効です。


車内の臭いが気になる部分にスプレーしたり、臭いが気になる衣服にスプレーして自然乾燥させるだけで簡単に消臭することができます。

急速イオン消臭スプレーのヌーラ( NULLA )は、その他に汗や体臭など様々な臭いの原因物質に対して消臭効果を発揮します。



今回紹介した車内の臭いを防止する対策方法が自動車で防波堤( 堤防や波止 )の釣り場へ行く時のドライブを快適にするための参考になれば幸いです。



【 関連記事 】


  魚料理の基礎知識「 鮮魚が生臭くなる理由や原因成分と臭いの取り方 」.jpg
魚料理の基礎知識「 鮮魚が生臭くなる理由や原因成分と臭いの取り方 」



posted by Nao☆ at 19:06 | チヌ釣りの基礎知識