チヌ( 黒鯛 )釣り入門 > チヌ( クロダイ )のフカセ釣り「 時合いが訪れる時の雰囲気や気配 」
2016年11月11日

チヌ( クロダイ )のフカセ釣り「 時合いが訪れる時の雰囲気や気配 」



チヌ( クロダイ )のフカセ釣りで本命が釣れる時合いが訪れる時に海中のポイントや釣り場の周囲から感じ取れる前兆現象の 雰囲気気配 を紹介します。

今回紹介する内容は、ウキ釣りにも対応しています。


「 チヌ ( 黒鯛 ) 釣り入門 」 1034


当ブログの管理人が釣り場で実際に体験した現象を元にチヌ( クロダイ )が釣れる時の雰囲気や気配のパターンと対応方法についてまとめています。

よろしければ釣行時の参考にしてください。



1. 急に刺し餌が残るようになる


広い海の中は皆様もご存知の通り、チヌ( クロダイ )以外にも様々な魚が生息していて、フカセ釣りの実釣は常に外道のエサ取りの魚との戦いになります。


「 チヌ ( 黒鯛 ) 釣り入門 」 1035


エサ取りの魚のアタリが頻繁に出たり、仕掛けを回収する度に刺し餌が取られている釣況下で 急に刺し餌が残るようになった時 は時合いが訪れるチャンスです。

チヌ( クロダイ )がポイントに寄って撒き餌( コマセ )を捕食し始めたことにより立場が弱いエサ取りの魚たちが追い払われた可能性が高いです。

上記で紹介した現象が有効になるのは、撒き餌( コマセ )と刺し餌が海中でしっかりと同調していることが前提になります。



◆ 刺し餌が残る雰囲気になった時の対応方法


エサ取り対策の刺し餌の コーン・サナギ・練り餌 などを使用している場合は、一度オキアミに戻してみて魚からの反応があるかどうか様子を見ます。

ポイントに寄ったチヌ( クロダイ )は、撒き餌( コマセ )のオキアミなどを主に捕食しているため一発で食ってくることがあります。

撒き餌( コマセ )にコーンやサナギミンチなどを混ぜている場合は...


「 チヌ ( 黒鯛 ) 釣り入門 」 1036


オキアミ+コーン など

上記のように刺し餌の複合エサとしてチヌ針に付ける作戦も有効になります。


エサ取りの魚が少ない真冬の厳寒期や春先に多いですが、なかなか取られない状態の刺し餌が 急に取られるようになった時 も時合いが訪れるチャンスです。

刺し餌が取られるようになってから数投目でチヌ( クロダイ )が食ってくるという低活性の時期特有の逆パターンも存在します。



2. ハリスにキンクが発生する


チヌ( クロダイ )のフカセ釣りの実釣中に仕掛けを回収した時ですが...


「 チヌ ( 黒鯛 ) 釣り入門 」 1037


チヌ針のチモト( 結び目 )付近の ハリスにキンクが発生している と次の一投から時合いが訪れるチャンスです。


◆ キンクとは?

⇒ 道糸またはハリスの よれねじれ を意味する釣り用語です。


警戒心が非常に強いチヌ( クロダイ )がポイントにある刺し餌を見つけて捕食した直後にハリスの違和感を感じてチヌ針を吐き出してしまった時や...

アタリが出てアワセを入れても針掛かりせずにスッポ抜けて素針を引いてしまった時などにハリスに噛み跡のキンクが発生します。

フカセ釣りの外道の魚による捕食でハリスに噛み跡のキンクが発生することは稀なためチヌ( クロダイ )の気配が濃厚で食い気があると判断できます。

キンクを伴わない噛み跡は、エサ取りのフグやカワハギの可能性が高いです。



◆ キンクが発生して気配が濃厚になった時の対応方法


キンクの発生を確認したら 次の一投が重要になる ので、手間は掛かりますがハリスを結び直して 前回と同じ刺し餌で勝負する ことを強くおすすめします。

同じ刺し餌を使用すると一発で食ってくる可能性が高いです。


「 チヌ ( 黒鯛 ) 釣り入門 」 1038


レッド・ホワイト・イエロー などの数種類の練り餌を使い分けている場合は...


「 チヌ ( 黒鯛 ) 釣り入門 」 1039


次の一投は前回と同じカラーで勝負して、反応が悪かった時は別のカラーに変更してチヌ( クロダイ )の目先を変えてみる作戦も有効です。



3. 潮の上げ始めと下げ始め( 潮の流れの変化 )


チヌ( クロダイ )のフカセ釣りにおいて、止まっていた潮が動き( 流れ )始めると同時に活性が上がり捕食スイッチが入ることも多々あります。


「 チヌ ( 黒鯛 ) 釣り入門 」 1040


干潮または満潮の潮止まりの後の 潮の上げ始めや下げ始めのタイミング は、海中で変化が起こりやすいため時合いが訪れるチャンスになります。


「 チヌ ( 黒鯛 ) 釣り入門 」 1041


海中の雰囲気が変化する可能性がある時間帯を予測するために潮位表を見て釣行日の釣り場の干潮時刻や満潮時刻を事前に把握しておくことをおすすめします。

当ブログの管理人がチヌ( クロダイ )のフカセ釣りを行う時は、干潮や満潮の前後の時間帯を含める形で釣行計画を立てるようにしています。


「 チヌ ( 黒鯛 ) 釣り入門 」 1042


また、チヌ( クロダイ )のフカセ釣りの実釣中に速く流れていた潮が急に緩く流れるなど 底潮の流れに変化が起きた時 も時合いが訪れるチャンスです。

潮の流れの変化が好転するキッカケになることもあります。



チヌ( クロダイ )のフカセ釣りでは、海中のポイントや釣り場の周囲から得られる情報も次の一手を繰り出す判断をして釣果を上げるための重要な要素です。

実釣中は、常に雰囲気や気配を感じ取るように心掛けてください。


チヌ( クロダイ )のフカセ釣りの釣行を何度も積み重ねていくと感じ取った雰囲気や気配で感覚的に「 そろそろだな!」と判断ができるようになります。

今回紹介したチヌ( クロダイ )のフカセ釣りにおける時合いが訪れる時の前兆現象となる雰囲気や気配が皆様の釣行時の参考になれば幸いです。



【 関連記事 】


  チヌ( クロダイ )のフカセ釣り「 魚種別のエサ取り対策法と対処法 」.jpg
チヌ( クロダイ )のフカセ釣り「 魚種別のエサ取り対策法と対処法 」

  チヌ( クロダイ )のフカセ釣り「 アタリの取り方と見分ける判断法 」.jpg
チヌ( クロダイ )のフカセ釣り「 アタリの取り方と見分ける判断法 」

  チヌ( クロダイ )のフカセ釣り「 サイズアップを狙う方法とコツ 」.jpg
チヌ( クロダイ )のフカセ釣り「 サイズアップを狙う方法とコツ 」

  チヌ( クロダイ )釣り「 ポイント選びと海中の潮流の予測や読み方 」.jpg
チヌ( クロダイ )釣り「 ポイント選びと海中の潮流の予測や読み方 」

  チヌ( クロダイ )のフカセ釣りと紀州釣り「 釣れる時間帯の攻略法 」.jpg
チヌ( クロダイ )のフカセ釣りと紀州釣り「 釣れる時間帯の攻略法 」



posted by Nao☆ at 16:37 | チヌのフカセ釣り