チヌ( 黒鯛 )釣り入門 > チヌ( クロダイ )のフカセ釣り「 半遊動と全遊動の仕掛けの選び方 」
2017年01月12日

チヌ( クロダイ )のフカセ釣り「 半遊動と全遊動の仕掛けの選び方 」



チヌ( クロダイ )のフカセ釣りシーンで使用する仕掛けと言えば、半遊動タイプと全遊動タイプで2種類あるのはご存知の方も多いと思います。


「 チヌ ( 黒鯛 ) 釣り入門 」 1118


今回は、半遊動と全遊動の仕掛けの選び方( 使い分け方 )を紹介します。

それぞれの仕掛けが持つ特徴とメリットやデメリットを踏まえて、釣り場で実釣する時に釣況に合わせて選ぶことで釣果アップにも繋がります。

よろしければ釣行時の参考にしてください。



1. フカセ釣りの半遊動仕掛け


「 チヌ ( 黒鯛 ) 釣り入門 」 1119


フカセ釣りの半遊動仕掛けとは、上の図解のようにライン( 道糸 )にウキ止め糸を結んで取り付けて タナ( ウキ下 )を自由に設定できる仕掛け です。


「 チヌ ( 黒鯛 ) 釣り入門 」 1120


半遊動仕掛けのメリットは、上の海中イメージ図のように設定したタナで刺し餌をキープしたままの状態で潮に乗せて流すことができます。

チヌ( クロダイ )のフカセ釣りシーンでは...


刺し餌を食ってくるタナが明確な時

風が強めに吹いている時

潮の流れが速い時


上記に該当する場合に選びます。


「 チヌ ( 黒鯛 ) 釣り入門 」 1121


上の海中イメージ図のように海底のポイントに障害物が多く沈み凸凹していて根掛かりが多発するような釣り場では...


根掛かりするかしないかのギリギリのタナで仕掛けを止める


上記の対策を取ることで根掛かりを回避することも可能になります。


ウキ止め糸の結び方( 付け方 )については...


  チヌ( クロダイ )のフカセ釣りや紀州釣りの仕掛け作りの小技とコツ.jpg
チヌ( クロダイ )のフカセ釣りや紀州釣りの仕掛け作りの小技とコツ


上記の記事で紹介しています。


「 チヌ ( 黒鯛 ) 釣り入門 」 1122


半遊動仕掛けのデメリットは、上の海中イメージ図のように円錐ウキまたは棒ウキがウキ止めに到達するまでの距離で遊動範囲( 探れる範囲 )が限られます。

刺し餌を食ってくるタナが頻繁に変化するような釣況下では、こまめにウキ止めをずらして対応しなければならないため非常に手間が掛かります。


「 チヌ ( 黒鯛 ) 釣り入門 」 1123


また、半遊動仕掛けのウキがウキ止めに到達してアタリを待っている時に魚が刺し餌を咥えて動くとウキを海中に引き込む負荷が掛かります。

食い渋り状態になっている時は、ウキを海中に引き込む負荷が魚にとっては違和感となり、刺し餌を食い込まずに途中で吐き出してしまう恐れがあります。

タナが頻繁に変化する時や魚の活性が低く刺し餌を食い渋っている時は、次に紹介する全遊動仕掛けを選ぶことをおすすめします。



2. フカセ釣りの全遊動仕掛け


「 チヌ ( 黒鯛 ) 釣り入門 」 1124


フカセ釣りの全遊動仕掛けとは、上の図解のようにライン( 道糸 )にウキ止め糸を取り付けずに敢えて タナ( ウキ下 )を設定しない仕掛け です。


「 チヌ ( 黒鯛 ) 釣り入門 」 1125


全遊動仕掛けのメリットは、上の海中イメージ図のようにウキ止めがないため刺し餌を上層・中層・底層のタナそして最終的に海底まで送り込むことができます。

チヌ( クロダイ )のフカセ釣りシーンでは...


刺し餌を食ってくるタナが分からない時

無風状態または風が弱い時

潮の流れが緩い時


上記に該当する場合に選び、水深がある釣り場で捕食層を探る時も有効になります。


「 チヌ ( 黒鯛 ) 釣り入門 」 1126


全遊動仕掛けは、フカセ釣りの2大対象魚となるチヌ( クロダイ )をはじめ...


「 チヌ ( 黒鯛 ) 釣り入門 」 1127


タナが頻繁に変化していくグレ( メジナ )にも最適です。


『 ウキ止めなしの全遊動仕掛けでアタリがあった時にウキは沈むのか? 』


上記のように疑問に思う方もいると思いますが...


「 チヌ ( 黒鯛 ) 釣り入門 」 1129


上の海中イメージ図のように魚が刺し餌を咥えて動くと仕掛けが真っ直ぐに張ろうとするラインの負荷がウキに掛かるためちゃんと沈みます。

分かりやすく例えると、仕掛けを回収する時にウキが沈むのと同じ原理です。

半遊動仕掛けより 魚に与える違和感が少ない です。


「 チヌ ( 黒鯛 ) 釣り入門 」 1128


全遊動仕掛けのデメリットは、上の海中イメージ図のように釣行回数を重ねて慣れるまではどこのタナに刺し餌があるのか把握しにくくタナボケしやすい点です。

仕掛けが一定の速度でスムーズに入らない時や海中での張りや角度が悪い時は、ウキの浮力を大きくして道糸やハリスに ガン玉 を打って対応します。

また、フカセ釣りの実釣中に風が強めに吹いたり潮の流れが速くなった時の対処方法として難易度は上がりますが 沈め釣り も有効になります。


ガン玉の打ち方( 付け方 )や沈め釣りについては...


  チヌ( クロダイ )のフカセ釣り「 ガン玉の使い方と打ち方や付け方 」.jpg
チヌ( クロダイ )のフカセ釣り「 ガン玉の使い方と打ち方や付け方 」


  チヌ( クロダイ )のフカセ釣り「 全層や半遊動の沈め釣りの釣り方 」.jpg
チヌ( クロダイ )のフカセ釣り「 全層や半遊動の沈め釣りの釣り方 」


上記の記事でそれぞれ紹介しています。


フカセ釣りの実釣中に半遊動仕掛けから全遊動仕掛けに変更したい時は、ウキ止めをずらして タナを水深よりも深く設定 すれば 実質全遊動 にできます。

今回紹介したチヌ( クロダイ )のフカセ釣りシーンにおける半遊動と全遊動の仕掛けの選び方( 使い分け方 )が皆様の参考になれば幸いです。



【 関連記事 】


  チヌ( クロダイ )のフカセ釣り「 仕掛けについて 」.jpg
チヌ( クロダイ )のフカセ釣り「 仕掛けの作り方についての詳細 」

  チヌ( クロダイ )のフカセ釣り「 釣り場に対応した仕掛けの作り方 」.jpg
チヌ( クロダイ )のフカセ釣り「 釣り場に対応した仕掛けの作り方 」

  チヌ( クロダイ )のフカセ釣り「 仕掛けの流し方のテクニック 」.jpg
チヌ( クロダイ )のフカセ釣り「 仕掛けの流し方のテクニック 」



posted by Nao☆ at 17:53 | チヌのフカセ釣り